今週は立春・吉方位がかわります

2月3日の節分の次は、立春。
新しい一年の始まりです。
今は九紫火星
立春からは八白水星に代わります。
吉方位が代わります。
そして避ける方位は「南西と北東」にかわります。
ご参考までに。

バーテンダーさんはセラピスト

ワインパーティーは、華やか、ワイワイガヤガヤが楽しいです。
一方、一人で飲むワインの目的は様々ですよね。
ご褒美や、自分の目的、内面見つめたり、癒しだったり。
だから、バーテンダーさんは自分からはお客さんには話しかけない、と教えてくれました。
「聞き役」に徹する、つまりセラピストですね。

放っておいてくれ、付かず離れずの微妙な距離を保つプロのお店。
こんなお店なら、一人で気軽にワインを楽しめますね。

日本人とフランス人、お酒の飲み方が違います

日本人は、料理の味が残る舌をきれいにするために、一気にお酒を喉に流し込みます。
フランス人は、料理のソースと考え、ワインを飲みます。
料理に一味足すのが、ワインなんです。
ずいぶん違いますね。
ビールは喉越しで味わい、シャンパーニュ、スパークリング・ワインは舌全体で、そして香りも味わう。
両方とも、楽しいですね。

ワインをおいしく飲める日 1月24日から2月2日まで

ワイン、どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週末までで、ワイン・ティスティングに適した日(毎日18時以降)は、次の日です。

1月24日・木曜
1月28日・月曜
2月 1日・金曜
2月 2日・土曜(19時から)

今週末から来週は、ワインをおいしく飲んで、宇宙のパワーを受け取れる日は限られています。休肝日に当てる日を、増やしましょうか。
いずれにしろ、あなたのホロスコープ・ワイン、エネルギー源は、どんな種類のワインですか?

日本酒の4タイプ

ワインは、香味で4タイプに分かれます。
・ハッキリした香味の赤ワイン
・フルーテイな赤ワイン
・スッキリした香味の白ワイン
・フルーティな白ワイン
です。

同じく日本酒も、香りと味で4タイプに分かれます。
・香り高いフルーテイなタイプ
・軽快でなめらかハッキリしたタイプ
・コクのあるタイプ
・熟成タイプ

もちろん明確には分けるのは難しいです。
でも最初に4タイプに位置付けておくと、日本酒をいただく場合もよりおいしくいただけます。

大寒は年の暮れ

二十四節気で、大寒の次は、立春。
今年は2月3日が節分で、2月4日が立春です。
そして、九星気学では、立春からが新しい年になります。
なので、今はまだ年末。

1月20日はワイン・大寒の日

毎月20日はワインの日。
日本ソムリエ協会で「ワインを飲もう」という日にしています。
フランス語で「ヴァン」は、ワインと数字の20のこと。
だから、20日は、ワインの日。
そして1月20日は24節気の大寒。
一年で一番寒い頃と言われています。
こんな日は、濃厚な赤ワイン(シルキーなカベルネ・ソービニヨンや甘口・ポートワイン)、貴腐ワイン(=ソーテルヌが好き)ですね。
一口飲めば、身も心も温まります⭐️

今日は何のワイン? 木星のワイン

◯人生を拡大させるワイン=「木星のワイン」を飲みましょう!
木星は、ホロスコープでは「人生の拡大・人生のアクセル」を意味しています。
あなたのホロスコープで、木星は何座?何のワインでしたか?

あなたのホロスコープは→ ⭐️http://www.horoscope-tarot.net

◯木星のワイン、特に「この時期に飲むのが効果的!」という期間があります。
そのお話は、また別の機会に。

◯目的を持たず、意識せずにワインを飲むのは,NOt so Good!
筋トレと一緒で、意識して飲んでこそ、ココロ・カラダの力になります。

1月21日14:17 しし座の満月のお願い

☆1月21日・月・14:17は、しし座の満月
しし座満月の時のお願い、特に解消・リリースしたいもの・ことが効果的です。

例えば、自分の「強引さ、わがまま、見栄、低い自己認識、自信のなさ」
体に関することなら「心臓、背中、血液、姿勢」に関すること

こんなことの解消、リリースのお願いが向いています
やり方の基本は、満月の時間が始まってから8時間以内に「リリースのお願い」を書き出すことです。
お試しください
(私は、keikoさんやジャン・スピラーさんのブログを参考にしています)

今日は何のワイン? 月のワイン

◯月のワインを飲みましょう!
月は、感情・ビジネスを司ります。
ホロスコープで、太陽は何座で、何のワインでしたか?

あなたのホロスコープは→ ⭐️http://www.horoscope-tarot.net

◯自分の内面を探り、強化できます。
目的を意識して、ワインを飲みましょう!
筋トレと一緒で、意識して飲んでこそ、ココロ・カラダの力になります。