今週(20181125〜1201) ワインを飲むのにグッドな日

ワインどうせ飲むなら、
おいしく、楽しく、ホロスコープ=宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週で、飲むのに適した日(毎日午後6時以降)は、次の日です。
11月25日・日曜
11月26日・月曜
11月29日・木曜
11月30日・金曜
なお、今週土日曜(1201・02)は、あまり向いていません。
その代わり?、11月29・30日の木曜・金曜は、1日中OKです。

1123勤労感謝の日・乾杯

日本は、今日、勤労感謝の日です。
日頃のガンバっている自分を褒めてあげましょう。
乾杯の1杯目はビール?それとも、シャンパン・スパークリングワイン?
今日シニアソムリエさんに教わりました。
ビールの乾杯は、仕事が終わったときの「お疲れさま」の乾杯
ワインの乾杯は「パーティのスタート」の乾杯。
なるほど、そうかもしれません。
ビールはオヤジたちが飲み始めて、ワインは女性たちの楽しげなパーティーのスタートを想像できます

外見で判断するーシャルドネ

国際品種のシャルドネは、冷涼・温暖な気候、両方で栽培されます

◯冷涼な産地のシャルドネ(風のエレメント)
若い時:青みを帯びたイエロー
熟成時(やや強めの色調に変化して)
→イエローから淡いゴールド色になります

◯温暖な産地のシャルドネ(水のエレメント)
若い時:イエローから淡いゴールド
熟成時:(やや強めの色調変化)
→強めのゴールドになります

◯出身地も、熟成度合いもわかるなんて、見る人がみればお見通しなんですね。

外見で判断する2ー色

ワインも、外観でワイン全体の特徴を判断します。
1 濃淡
・ブドウの成熟度合いやワインの濃縮度を、推測できます。
・色が淡い→冷涼な地域のぶどう
・色が濃い→温暖な地域のぶどう

2 色調変化
・酸化により色が変わるので、年数や熟成度合いを推測します。
・グラスを傾けて、楕円になった液面の縁から中にかけてを見ます。
・青みを帯びた淡い色調→冷涼な産地
・深みのある濃い色調 →温暖な産地
熟成していくと
・白ワイン  黄金色が → こはく色
・ロゼワイン: オレンジの色調が強くなる
・赤ワイン:(縁が)紫がかった赤が → オレンジの縁 → れんが色

この様に、ワインも人も、外観で推測・判断されてしまいます。
服装、表情、言葉は、意識して使えば、どんな人にもなれます。
私がそうですので、保証します。

 

20日・葉の日でも飲むワイン

今日はワインとホロスコープの関係で言えば「葉の日」。
だからティスティングには不向きの日。
ただ20日は、日本ソムリエ協会が定めた「月に一度はワイン!」の日。
なら、辛口ブルゴーニュ、特にシャブリ!でいきましょう!
だって、葉の緑とシャブリ(風のエレメント・ワイン)のスッキリ感で相性良し。
なので今宵はシャブリと牡蠣‼︎ 乾杯

慣れた感じのワインの飲み方

「ワインの飲み方が違う」ってよく言われます。(多分褒め言葉)
日本ソムリエ協会の認定エキスパートです、と答えると納得してもらえます。
ワインを飲み慣れている感じが出ているのかもしれません。
それは、こんな仕草です。
1ワインの色を見る、
2スワリングする=グラスを2から3回回す
→香りをとる
3ワイン(スプーン小さじ1くらい)で舌を包み、甘み・酸味・渋みを味わう

特に2で、グラスをクルクル回しているだけで、ワインを飲み慣れている人=大人・紳士・レディに思ってくれるようです。
ありがとう・うれしいです。

毎月20日はワインの日

日本ソムリエ協会は「毎月20日はワインの日」、ワインを飲みましょう!と広報しています。
フランス語で『ワイン』と『20』がともに『ヴァン』と発音することから、20日にしたとのことです。
ワインは、高級みたいなイメージがあるかもしれません。
そういった高いワインもありますけど、フレンドリーなものも沢山あります。
まず、コンビニでワンコイン・ワインで十分に美味しいものもあります。
ワインをもっと気軽に飲みましょう。
ちなみに、アルコール度数は、ビールの3倍、13%くらい。
なので、私はリーズナブルに、短い時間でいい気持ちになれ、うれしいです。

単一ワインとブレンド・ワイン

ブドウの種類は、沢山あります。
まず覚えたい品種は、
白:シャルドネ、リースリング、ソービニヨン・ブラン
赤:カベルネー・ソービニヨンヨン、ピノ・ノワール、シラー
この基本6品種です。

フランスなどヨーロッパ=旧世界は、ブレンドが主流。
アメリカやオーストラリアなど新世界は、一つの品種だけで作る単一ワインが多いです。ヴァラエタル・ワインとも書いてあります。
なので、品種の特徴をつかむための目的には、新世界ワインの方が、いいと思います。

ボジョレー・ヌーボー3

ご自身のホロスコープに、おひつじ座・しし座・いて座がありますか?
ホロスコープチェック →  horoscope
例えば、私は土星が、いて座。
いて座的なこと、四方八方、手当たり次第、ラッキー!が苦手なこと。
だから、その解消を図る=あまり考えずに行動!なんでもラッキーと考える!ために、ボジョレー・ヌーボー:ガメイ種;いて座的なぶどう酒、を飲んでいます。
こんなことに気づけるなんて、とてもラッキーです。

ボジョレ・ヌーボー2

フランス・ボジョレー地方の新酒・ヌーボーが、ボジョレー・ヌーボー。
フランスの東側で、ブルゴーニュ地方の南になります。
ブドウ種のガメイは、いちごみたいにハッキリとした香り、味です。
作り方で、バナナの香りも感じるかもしれません。
タンニン・渋みが優しく、熟成を経ずに早のみができます。
生産量の三分の1がボジョレー・ヌーボーで、日本が最大の輸出先です。
お店で、ボトルに書いてある言葉・AOCです。
日本の県・地方・村でいうと、AOCボジョレ、AOCボジョレ・ビラージュ、AOCクリュ・ボジョレの順で面積が狭くなり、価値が高くなります。
今私が飲んでいるのは、AOCボジョレ、です。
でも、美味しい、うれしい、しあわせです