技その2 外見

外見は、自分の内面=月星座に、影響を与えています。
正確にいうと、外見を見ている周囲の人の見方を、あなたが受けるからです。
だから、望み通りの自分になるためには、自分の外見を意識しましょう。
私は、目に光を入れること、口角を上げること、全身から幸せオーラを出すことを、意識しています。
そうすると、周りは自信を持った、明るい、フレンドリーな人に思ってくれ、
結果、自分もそうなります。
ぜひ外見、なりたい自分の外見になることを意識してください。
そんな自分になる、確実な技術です

技その1 言葉の使い方

13から4年前、プチ鬱でした。
何を見ても聞いても・・・。人に会っても・・・。ドヨーン。
そこから回復できたキッカケは、「言葉の使い方」を意識したことが大きな原因の一つと思っています。
当時、五日市 剛さん「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という本に出会いました。
「ありがとう・感謝します・キャンセル」と三つの言葉を意識して使う。
これだけが、この本で教えていることです。
不思議です。
著者も変わりましたし、私も復活できました。
ワイン・ホロスコープは、幸せになるためのワインです。
ただ、普段の生活も大切。
特に「言葉」は「言霊」聖書で「はじめに言葉ありき」というくらい、人生にとって大切です。
これからも、いい言葉だけ、選んで使いたいです。

心その3:意識体空間の上位にいる

心その1:ミッションを定める
心その2:楽天に生きる
そして、その3は、「意識体空間の上位にいる」です。
社会にいる限り、どうしても他人との関わり・人間関係について考えます
オススメは「保育士さん」になること?と、尊敬する占い・スピリチュアルの先生に教わりました。
保育園のクラスには、いろいろな性格の子どもがいます。
でも先生は、どんな子でもうまく保育してくれます。
それと、同じことだそうです。
クラスの子どもと同じ位置でなく、そのクラス・空間の上位にいること、
それが人間関係では重要と教わりました。
実際、その通りにすると、気持ちが非常に楽になりました。
ただ、威張ることとは全く違いますので、勘違いはしないでくださいね。

心その2:楽天主義

心その1はミッションを定める、です。
その2は「楽天に生きる」こと、です。
実は、困ったことは起きないし、起こりません。
予想する心配事の99.9%は起こりません。
厄年だって、本当は「飛躍の年」。
納税額日本一で、ベストセラー本連発の起業家、斎藤一人さんから学びました。
たとえ、転んでも「擦り傷でよかった」「車に引かれなくてよかった」等々
もともと、起こっている事実に、いい悪いはありません。
自分が意味・価値をつけているだけです。
なので、どう取るかは自分次第
「よく取るか」「マイナスでとるか」それだけです。
それだったら、楽天主義・これでよかった、と思ったほうが、とてもいいです。

成功のキーは天地人

天地人は天の時、地の利、人の和」と言われ、計画・戦略を成功させる条件と言われています。
ホロスコープ当てはめると、天地人は「ホロスコープ・ワイン・人間」ですよね。
なので「人間」に関しても、書物・セミナーから得た知識を、ご参考までにシェアさせていただけると、うれしいです。
例えば、「世界は火風土水で出来ている」などです。

 

私が輝くために:心

ずっと迷ってばかりだった私です。
だからこそ言えるのが、「ミッション、使命、心定め」の重要性です。
私は、S・コビー先生の名著「7つの習慣」や井上裕之先生の本、またベストセラー作家の石井貴士先生のセミナーで、作り方を教わりました。
ミッションって簡単に言うと「方向、目指すもの、目標、羅針盤」みたいなもの。これを、まず仮にでも決めておけば、毎日が輝き出します。
決めずに闇雲に頑張っても、それは望まないゴールに早くつくだけです。
だからほんの少し15分だけでも時間をとって、心の軸、ミッションを仮にでも作ってみませんか。