心に関する大切にしたい漢字

心に関する熟語、それぞれについては、こんな意味があります。

◯最初の漢字は「使命」。
ミッション。この世には何かをなすために、生まれてきています。

◯次の、漢字は、「楽天」。
生きるために必要なのは楽天主義。始める前からできない理由も感がない。始めればでっきる様になります。だから楽天・楽観的に行きましょう。

◯その次は「投資」。
お金は、リターンを考えて使いましょう。稼ぐより使い方の方が大切。投資・消費・浪費で、浪費はせず、消費を減らし、投資、つまりかけたお金以上の効果・リターンがあるかどうかを考えましょう。

◯最後は「俯瞰」
人間関係は、自分が保育園のクラス担任になったつもりで、俯瞰して人(=園児)を見ましょう。そして、その意識をあげたら、決して下げない様にしましょう。

私が大切にしている「心」の漢字です。
この漢字を大切にすることだけで、驚くほど楽に、公的にも私的にも生活の質を向上させることができました。ご参考までに。

今年の漢字一文字を決めよう

人生を充実させるには「心技体」の順番と、バランスが大切。
「漢字一文字」を考える参考に、
心に関する熟語を「火風土水」それぞれについては、こんな傾向があります。

火の漢字は、「使命」
風の漢字は、「楽天」
土の漢字は、「投資」
水の漢字は、「俯瞰」

中でも「使命」が一番先に一番大切。
あなたの直感で「使命」は、漢字一文字で何でしょうか。
決めることで、今年一年間の意味が違ってきます。

2019・漢字一文字を決めてます?

2019の漢字一文字を決めてますか?
その字が、ご自身の今年のテーマになります。
私は、いろいろ迷う時に、その字を見返しています。
(手帳に書いています)
その字を見ると、決断が早いです。
自分の今年の軸があるからだと思います。
まだ決めていないなら、立春がチャンス。
ぜひ、試してください。

今週は立春・吉方位がかわります

2月3日の節分の次は、立春。
新しい一年の始まりです。
今は九紫火星
立春からは八白水星に代わります。
吉方位が代わります。
そして避ける方位は「南西と北東」にかわります。
ご参考までに。

人は「決めつけ」➕「その後修正」の方がうまくいく

絶海の孤島に一人で暮らしていない限り、人間関係で色々考えます。
色々考えるのは、いい人には損です。
だから、人の性格は、決めつけた方がいいと思います。
それは、軸を決められるからです。
おひつじ座だから一番最初が好き?、しし座だから熱い人、うお座だからウェットでやたらと人と群れたがる等々。

最初に強引に決めることで軸ができます。
その後「あの人は怖そうだけど、いい人」「可愛いのに怖い」など。
その後、『修正」する、その方が経験上楽です。
お試しください。

A Happy New Year 2019

2019、平成31年、あけましておめでとうございます。
東京は快晴。
朝、下弦の月が出ていました。
宇宙・天体は、元日休みもなく動いています。
今日は、ワインと海王星のサインを考えています。
海王星は165年かけて、太陽を一周します。
2012年から海王星は、うお座にあります。
以前同じ位置にあったのは、1830年代ですが、実は海王星の発見は、1846年です。
ワインを飲みながら空を見上げて、「そこにあるのに、まだ見えていないもの」の存在と、そのパワーを信じる思いが強くなった元旦です。

自分の好きをとる重要性

今朝、着ていく服を選ぶときに、思いました。
「他の人と同じだと相手も嫌だろうから、違うものを選ぼうか?」
私は、水のエレメントが12星座のうち7つあります、
だから関係性・人間関係を重視して考える傾向があります。
周囲をよく見るのは大切。
ただ行き過ぎた考えで、自分を抑えるのはNO!
と思ったので、結局同じでも良いので、自分の好きを優先して選びました。
夕方、全く別の服でした。
やはり「考えすぎの他人」との関係より、自分の好きなことを優先させる重要性を、あらためて学びました。

ヌーボー・常に新しくしておくもの:知識

ボジョレー・ヌーボーから10日間経ちました。
お店の棚に置いてあるヌーボーを気にとめる人、どのくらいいるのでしょうか。
シーズンイベントだからしょうがないのかもしれません。
ただワインだから、実はしばらくおいたものの方が、美味しくなります。
一方、いつも新しくしておいた方が良いもの。
それは「水」「お金」そして「知識」といわれています。
秋は読書の季節でもあります。
自分を常に新しくしておくために、読書で知識をインプットしておくことがとても大切です。
今年何冊本を読みましたか?

似ているものは好きになる

ガイコクコトバは話せませんが、
先週はポーランドの女性と話していました。
今日は、韓国の女性と話していました。
普段は、日本人の女性に囲まれ、話しています。
慣れているせいと思いますが、
韓国の女性と話す方が、早く打ち解けられました。
なんでかなって思ったです。
国の距離が近いし顔似てるし、普段会っているし、儒教ベースの社会だからでしょうか
あと、趣味が一緒なら盛り上がれそう
ワインもそんな趣味にぴったりですね。

外見で判断するーシャルドネ

国際品種のシャルドネは、冷涼・温暖な気候、両方で栽培されます

◯冷涼な産地のシャルドネ(風のエレメント)
若い時:青みを帯びたイエロー
熟成時(やや強めの色調に変化して)
→イエローから淡いゴールド色になります

◯温暖な産地のシャルドネ(水のエレメント)
若い時:イエローから淡いゴールド
熟成時:(やや強めの色調変化)
→強めのゴールドになります

◯出身地も、熟成度合いもわかるなんて、見る人がみればお見通しなんですね。