ワイン日和・0725木から0803土まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして「宇宙のパワー」をたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

7月26日・金
7月29日・月
7月30日・火 *月の南中高度が一番高い日
8月 2日・金 *美味しくない時があるかも
8月 3日・土

この日には、太陽星座・月星座のワインなど、目的にあったワインを美味しく飲みましょう!

⭐️ホロスコープ 的なワインの選び方
1 ホロスコープを出す。
ホロスコープ 算出
2 10惑星のエレメントに注目(特に、火・風・土・水のエレメント)
3 エネルギーが欲しい時
  →太陽(=エネルギー源)のワイン品種を選ぶ
4 自分の内面を探りたい時
  →月(=感情・ビジネスモデル)に関係するワイン品種を選ぶ
5 人生を拡大したい時
  →木星のワイン品種を選ぶ
6 苦手なことを克服したい時
  →土星に関連するワインを選ぶ
7 ワインを飲む際には
  →お願い事を考えながら、できれば書き出して、ワインをいただく

こんな簡単な手順です。
お試しください

7月23日・大暑の季節のワイン

7月23日・火・は二十四節季の「大暑」。
暦では、一年で一番暑いのがこの頃のはず、です。
今年は、立秋8月7日までの期間です。

さて「五行」って、知っていますか?
万物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素から出来ている、という考えです。
季節・春は木、夏は火、秋に金、冬は水を、当てています。
そして、土は季節の変わり目を担当し、これを「土旺用事」、つまり「土用」と呼んでいます。季節をつなぐ役割です。
具体的には、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間が土用です。
立秋までの18日間「土用」と「大暑」が重なっています。

土用の間は、土の気が盛んになる時期です。
なので、運気を上げる、エネルギーを得るワインは「土のワイン」
シルキーなカベルネ・ソービニヨン。
楽しみましょう。

ワインをおいしく飲める日・7月11日・木から20日・土まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

7月11日・木
*7月14日・日 *「いまひとつ」の時もあります
7月15日・海の日・祝日・月
7月18日・木
*7月19日・金 *23時以降
7月20日・土

7月11日午前。風の日。
はやぶさ2が、小惑星りゅうぐうに着陸します。
いまゆっくり降下中。
惑星内の土を採取して、宇宙の起源を探るミッションを、黙々と行なっています。
頼むぞ「はやぶさ2」!

今日は「風のワイン」
ぶどうは「シャルドネ」
辛口シャブリ。
そして、ブランドブラン(白ブドウだけで作った)の「シャンパーニュ」やスパークリンング・ワイン。
熱い思いで、ミッションを冷静沈着に見守るために、ぜひお試しください。

ワインをおいしく飲める日・7月4日・木から13日・土まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

*7月 5日・金 *月のパワーはあっても、イマイチかもしれません
7月 6日・土
7月 7日・日
*7月 9日・火 *物足りない場合もあります
7月11日・木

7月7日・日曜は、七夕。
そして二十四節気の「小暑」。
その日の月は、「しし座」にあります。
そして「小暑」は「暑さ本番スタート」の合図です。

だから、今週は、燃える様な思いを秘めた「火の星座のワイン」を選びます。
おすすめ品種は、テロワールの個性をハッキリとだす「ピノ・ノワール」です。
そしてご自身の「太陽星座のワイン」

それではパーティの始まり!
Cheers🍷

7月3日・04:18 「かに座の新月・皆既日食」のお願い

今週7月3日04時18分は、かに座の新月。
そして「皆既日食」:月が太陽をすっぽり隠します。
ただ実際に見られるのは、南米チリなどです。
皆既日食は、私がよくみる「Keiko的 占星術な日々」では
「いままで隠れていた自分の一部を掘り起こし、新しい自分へのバージョンアップを図る」とありました。
ただの変化でないバージョンアップ、「変容」のお願いには絶好の日です。

かに座新月のキーワードは、愛、

愛、家族、保護、心の拠り所づくり、胸・バストに関することです。
ワインを飲みながら、自分の内面を探ってみましょう。

この時期のワインは「水の星座のワイン」。
白ワインでもフルーティな「シャルドネ」「ソービニヨンブラン」と、ご自身の「太陽星座のワイン」をおすすめします。

おいしいワイン:6・13木から22・土まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

6月14日・金
6月17日・月
6月18日・火
6月19日・水 *22時から
6月22日・土

今週6月17日17時31分は、いて座の満月。
今回の満月は、私がよく読む「Keiko的 占星術な日々」では
「12年にたった一度しかめぐりこないジュピターイヤー(射手座木星期)の射手座満月」「ダイヤモンド級のエネルギー」が宇宙から降り注ぐ」
とてもとってもいい日、ということでした。

いて座のキーワードは、大きな大きな無限の可能性、最高レベルの願いを追い求めること。そして満月では、自分が作った不要な鎖を切る、足かせを外すことです。海外も大ラッキー、国際的に大活躍しましょう。
ダイヤモンドジュビターですから、もっともっと、もっと欲張って、大きな高いお願いをしましょう

この時期は「火の星座のワイン」。
赤ワインの「ピノ・ノワール」と、ご自身の「太陽星座のワイン」をおすすめします。

ワイン・テイスティング日和:6月6日〜15日

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

6月 8日・土
6月 9日・日
6月10日・月 *21時まで
6月14日・金

今週6月11日・火は「入梅」。
気象庁発表の「梅雨入り」とは違います。
二十四節気の「芒種のあとの最初の壬(みずのえ)の日、芒種から数えて6日目頃」です
暦の上で、梅雨入りになります。
農家にとって、田植えを決めるのに、梅雨入りの日を知ることは、とても大切でした

なので、この時期は「水の星座のワイン」。
アメリカやオーストラリアなどの新世界の「フルーティなシャルドネ」と、ご自身の「太陽星座のワイン」をおすすめします。

ワインテイスティング日和:5月30日から6月8日まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

5月31日・金
6月 1日・土
6月 5日・水
6月 8日・土

今週は、6月3日・月・ふたご座の新月が始まります。
また、6月5日・水からは、月の南中高度が下がり始めます。
6月6日・木・は二十四節季の「芒種」
今週は、テイスティング日和は少なくとも、様々なターニングポイントがあります。

テイスティングに適した日:5月16日から25日まで

ワイン
どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週にかけて適した日(18時以降)は、次のとおりです。

5月16日・木 *23時頃から翌日昼まで
5月17日・金 *22時以降
5月18日・土
5月21日・火
5月22日・水
5月23日・木 *22時まで

5月19日・日曜・06:12 さそり座の満月です。
満月で過去の自分に別れを告げる。
ジェラシー、疑心暗鬼、暗い、ネガティブ、恨み、根に持つ性格をリリース。
(叶ってなくとも)感謝しましょう
さそり座はそんな思いを受け入れるのが、大得意。 
お礼を先に言ったもん勝ちです。

ワイン適日:4月12日から20日まで

ワイン、どうせ飲むなら、おいしく、楽しく、
そして、宇宙のパワーをたくさん受け取れる日に飲みませんか?
今週末から来週末までで、ワイン・ティスティングに適した日(毎日18時以降)は、次の日です。

4月11日・木曜
4月12日・金曜
4月15日・月曜
4月16日・火曜
4月20日・土曜

明日12日から25日までの10日間は、種まきや作物を植えるのに適した期間:定植適期です。
満月の20日までは、増やしたいお願いをしっかり根付かせること。
それ以降は、減らしたい(体重、脂肪、嫌な性格など)お願いを定着させるのに、適した期間!
おいしいワインを飲みながら、自分のお願いを確認してみませんか。