ワイン・ティスティングの方法・外観

ワイングラスを斜めにして覗いたり、ワイングラスをクルクル回して香りをとったり、
これをするだけで、カッコイイ、プロっぽいですね。
私も、そう言われます

5つのステップでティスティングしています。
1 外観を観察
2 香りを確認
3 味わい:甘味、酸味、渋みを
4 余韻・後味を確認:良質なワインを判断する決め手
5 総合評価
*日本ソムリエ協会2019教本から抜粋

外観の観察では、
1 清澄度:濁っているか否か、健全性を判断する
2 輝き;照・艶、酸が高いと常に強い輝きが出る
3 色調:ワイン全体の特徴を見る
  色調は酸化により変化、
  冷涼な産地は青みを帯びた淡い色調、
  温暖な産地は深みのある濃い色調
4 濃淡:ぶどうの成熟度合、ワインの濃縮度
5 ディスク;アルコールのボリューム
6 粘性;アルコールのボリューム、糖度が高い
7 泡立ち;発酵時の炭酸ガスが抜け切れてない若いワインにある

いかがでしょうか
グラスの外観からだけで、これだけのことがわかる、推測できるのです。
人も、外観でいろいろなことがわかり、推測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA