人の記憶に残る人になる

今日12月07日、歯科医でベストセラー作家の井上裕之先生のセミナーに行ってきました。
井上先生の本日の装いの印象は、クリスマス。
真っ赤なネクタイ、ポケットチーフ、パンツ、スニーカー、そして島紬仕立ての黒ジャケット。ゴージャスです。
ちなみに、エルメスなど、全て一流ブランド、それも世界でたった一つのものです。
ただものではないすごさ、強烈なパワーの姿を、はっきり思い出せます。
教えていただいたのは、ビジネスでうまく行くには、人の記憶に残る存在になる必要性。
実力があっても、思い出してもらえなければ、力を発揮する場ができません。

そして、人の記憶に残るには、「外見」が大切。
その上、作るのはとても簡単です。
今日のスタッフの方は、半年前の私のスタイルを記憶していてくれ、好印象を持ってくれていた様です。
外見の力、ペリカンという高級万年筆のおかげで、人の記憶に残る人になれています。
とてもうれしい出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA