9月27日が本当の「秋分の日」?

秋分の日は、昼と夜の長さが同じ!はずです。
なのに、今年の秋分の日9月23日は、日の出が午前5時30分、日の入りは午後5時39分。実は違うのです。
実は、
9月27日が、日の出・日の入りの時間が全く同じ時刻。5時33分(東京)です。
これは、日の出日の入りの決め方が関係しています。

日の出時刻は、太陽の頭の部分(上辺)が水平線と接する、チラッと見えた瞬間です。
日の入り時刻は、太陽がすべてすっぽり見えなくなる瞬間、となります。

この関係で、秋分の日でない9月27日が、昼夜同じ12時間の日となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA