日本人とフランス人、お酒の飲み方が違います

日本人は、料理の味が残る舌をきれいにするために、一気にお酒を喉に流し込みます。
フランス人は、料理のソースと考え、ワインを飲みます。
料理に一味足すのが、ワインなんです。
ずいぶん違いますね。
ビールは喉越しで味わい、シャンパーニュ、スパークリング・ワインは舌全体で、そして香りも味わう。
両方とも、楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA